ビジネスメールの「件名」の書き方と文例


ビジネスメールの件名(タイトル)は、メール本文の内容を端的に表すもので、見る人が本文を読まなくてもれているのかが一目でわかるようなタイトルをつけます。

  1. もっとも伝えたいキーワードを具体的に書く。
  2. イベントや行事の案内、打ち合わせなど、日付が重要なキーワードとなるときは、日付を入れる。
  3. どのような目的で送るのか、その意図を簡潔に書く。たとえば「お願い」なのか「打ち合わせ」なのか「案内」なのか、など。
  4. 他のメール読栄も緊急性や重要性が高い場合は、件名に「緊急」「重要」「至急」といったキーワードを含めてもよい。ただし緊急性や重要性もないのにこのようなキーワードを含めると、次からは優先的に見てもらえなくなるので、多用しないこと。
  5. 返信メールに相手の文書を引用する場合は、件名を書き換えずに「Re:」を文頭につける。OutLookなどのメールソフトで返信する場合は、自動的に「Re:」がつく。

受信者は、メールの件名や差出人を見て、スパムメールか否か、不特定多数に送信している広告か否かを判断し、読むか読まないかを決めててしまうことがあるので、スパムメールや広告メールがよく使うフレーズや記号はなるべく使わないほうがいいでしょう。

文例集


 

※当サイトは、リンクフリーです。


Copyright(c)2004 silvia All Right Reserved.-プライバシーポリシー