名刺の渡し方・名刺のマナー

名刺の渡し方・名刺のマナー

名刺は、仕事をするにあたって自分や会社を売り込むための大事な営業ツールです。ビジネスシーンにおいて、はじめて会う人に対しては、必ず名刺を渡します。このとき名刺を忘れたり、切らしたりしていると最悪です。名刺入れは、朝出社したときに、必ずチェックする癖をつけましょう。また名刺が破れていたり、汚れていたりしないかもチェックしましょう。

名刺入れは、上着の内ポケットにしまうようにします。ズボンなどに入れておくと、ズボンがかさばり、見た目が悪くなる場合があるので気をつけましょう。

名刺の渡し方

名刺を渡す時は、会社名・部署・名前を名乗ってから渡します。名刺は相手方から見て正面になる向きで渡します。またテーブルがあるときは、名刺を渡す際は起立して、相手の正面に立つようにします。名刺を渡す際は、右手で名刺を持ち、左手を名刺に添えるようにして、両手で差し出すのが基本です。片手で渡すのはNGです。

名刺の渡し方イラスト図

名刺交換の順番

名刺を渡す順番は、先に紹介された側、または目下の側から名刺を渡します。こちらから訪問した場合は、こちらから名刺を差し出すのが基本です。上司と同行した場合は、上司が先に交換をします。

名刺の受け取り方

名刺を受取る際は、両手で受取り、ひとこと「頂戴します」と言います。名刺を受け取ったら、すぐに相手の名前を確認して、読み方が分からないときは、そのときに確認します。受け取った名刺は、机に置くのではなく、名刺入れの上に置くのが基本です。

名刺の同時交換

自分と相手方が、同じタイミングで名刺を差し出したときは、片手を名刺から離して、その手で相手方の名刺を受取ります。

その他の名刺の活用方法

  1. 名刺は誰かを紹介するときにも使えます。名刺の左上に紹介する人の名前を書き、右側に短い紹介文を書いて押印します。名刺を使って紹介するときは、自分と同じ地位にある人は、後輩に対して利用します。上司など目上の人に対して紹介するときは、書状を使って紹介するのが基本です。
  2. 慶事の際には、名刺の左上に「おめでとうございます。」と一言そえておくとよいでしょう。
  3. 弔事の際には、名刺の左上に「謹んでお悔やみ申し上げます。」など一言添えておきます。
  4. 万が一、ビジネスシーンにおいて名刺を忘れてしまった場合は、後日に速達郵便で、手紙を添えて自分の名刺を郵送するという方法でもよいでしょう。

関連リンク:名刺のイラスト


 

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyright(c)2004 silvia All Right Reserved.-プライバシーポリシー