文例・敬語の使い方・意味

あらためて


TOP例文一覧

意味漢字で「改めて」と書く。意味は「再度」。「あらためまして」とより丁寧に書くこともできる。


  • いずれ改めて参上したいと存じておりますが、まずは書面にてご挨拶申し上げます。
  • 〜を、改めてお送りいたしましたので、ご検収くださいますようお願い申し上げます。
  • 〜を同伴の上、あらためて参上させていただきたいと存じます。
  • この件につきましては後日改めて御社にお伺いし、直接ご説明をさせていただきたいと存じます
  • 後日あらためて御社にお伺いし、詳しい説明をさせていただきます。
  • 近日中にあらためてお礼におうかがいいたしますが、まずはとりあえずお手紙にて
  • その節は、あらためてお悔みを申しあげたいと存じております
  • 退院しましたら、あらためて御礼申し上げる所存です
  • 後日、あらためてご挨拶にうかかいたいと存じます。
  • ご案内状はあらためて送付させていただきます
  • 日をあらためまして御礼にお伺い申し上げますが、とりあえずご報告かたがた御礼申し上げます




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.