文例・敬語の使い方・意味

預かりまして


TOP例文一覧

意味好意や恩恵などを受けること。文例:「お褒めに預かる」「ごちそうにあずかる」「お招きに預かる」など。


  • 本日はご丁重なるお招きにあずかりまして、誠にありがとうございました
  • ○○の折は、過分なお褒めにあずかり、恐縮至極に存じます
  • ご指名にあずかりました○○でございます。新郎・新婦ご両家のご紹介をさせていただきます。
  • 陽春の候、○○様にはますますご壮健にてご活躍のこととお喜び申し上げます。
     先般は、私の就職につきまして、ご多忙中にもかかわらず、ひとかたならぬご配慮にあずかり、誠にありがとうございました。
  • おめでたきご披露のお席へ私までお招きにあずかりまして、本当にありがとうございました。
  • 結婚祝賀会にご招待にあずかりまして、誠にありがたく存じます。
  • その上にいろいろお心づくしのおもてなしにあずかりまして、ありがとうございました。
  • 先日はご丁重なるお招きにあずかりまして、厚くお礼申しあげます。
  • 平素は格別のご愛顧にあずかり、衷心より感謝申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.