文例・敬語の使い方・意味

ご無沙汰しております/お久しぶり


TOP文例集一覧

意味付き合いが途絶え、久しく会っていなかったり連絡をとっていない相手に対しては、主文に入る前に「ご無沙汰」を詫びる一文を入れます。


  • ○○でお会いして以来、ご無沙汰ばかりしておりまして、大変申し訳ございません。
  • 大変ご無沙汰しております。
  • しばらくご無沙汰してますが、お変わりありませんでしょうか。
  • 長らくご無沙汰いたしております。
  • しばらくご無沙汰いたしておりますが、お身体の具合はいかがでしょうか。
  • 雑事にかまけてご無沙汰いたし、申し訳ございません。
  • 久しくご無音続きで、恐縮に存じます。
  • 便りのないのが無事の証拠とは申しますが、
  • 久しくご連絡も差し上げず、申し訳なく存じております。
  • 久しくご挨拶もせず、恐縮しております。
  • ふだんご無沙汰しておりますばかりに、ご入院なされたとは存じ上げず、失礼の段あしからずお許しください。
  • 長らくご連絡を怠り深くお詫び申し上げます。
  • 日頃は心ならずもご無音に打ちすぎ、誠に申し訳ございません。
  • 平素は、とかくご無沙汰いたしまして、深くお詫び申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



ご無沙汰しています

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.