文例・敬語の使い方・意味

ご配慮


TOP例文一覧

意味心配りや気遣いなどを表す慣用語。「ごはいりょ」と読む。類語に「ご考慮」「お心遣い」「お気遣い」などがある。


  • いろいろご配慮をいただき、恐縮至極に存じます
  • かねてご配慮をお願いいたしておりました○○の件、いかが相成りましたでししょうか。
  • 息子の就職につきまして、一方ならぬご配慮を賜りまして、深く御礼申し上げます
  • このたびの私の就職につきまして、お忙しい中、ひとかたならぬご配慮にあずかり、まことにありがとうございました。お陰をもちましてで、○○株式会社への入社が決定いたしました。
  • 株式会社○○ 営業部の桜井陽一です。日頃よりご配慮いただきありがとうございます。
  • このたびはご配慮に満ちた温かいお歳暮の品をご恵贈いただき誠にありがとうございました。
  • 突然におうかがいいたしましたのに、いろいろご配慮をいただき恐縮至極に存じます。
  • かねてよりご配慮をお願いいたしておりました就職の件につきまして、
  • これもひとえに山田課長のご配慮の賜と、深く感謝いたしております。
  • 陽春の候、○○様にはますますご壮健にてご活躍のこととお喜び申し上げます。
     先般は、私の就職につきまして、ご多忙中にもかかわらず、ひとかたならぬご配慮にあずかり、誠にありがとうございました。
  • 先日は、突然におうかがいいたしましたのに、いろいろご配慮をいただき、ありがとうございました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.