文例・敬語の使い方・意味

ご発展


TOP例文一覧

意味相手の繁栄や発展・活躍を喜ぶ慣用表現で使われることが多い。


  • 貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。
  • 貴社がさらなるご発展を遂げられますよう、ご祈念申し上げます。
  • 末筆ながら、貴社ますますのご繁栄とご発展をお祈り申しあげます。まずは書中にて御礼申し上げます。
  • 貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。
     さて、このたび当社では、お取引先各位のご要望におこたえして、○○を発売することといたしました。
  • 貴店ひときわご発展の段、大慶に存じます。
  • 貴所におかれましてはご発展のよし、慶賀の至りに存じます。
  • 貴会いよいよご発展とお聞きし、祝福申し上げます。
  • 御社におかれましては、ますますご発展のご様子、何よりと存じます。
  • このうえとも、貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。
  • ご家様の皆様のご健康ご発展を心からお祈り申し上げます。
  • これを機に今後なお一層のご発展をご祈念申しあげます。
  • 末筆ながら貴社のますますのご発展をご祈念いたしますとともに、今後ともよろしくお引き立てのほどお願い申しあげます。
  • 社長をはじめ社員の皆さまのご健康と、御社のますますのご発展を祈願いたしまして、私の挨拶といたします。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.