文例・敬語の使い方・意味

ご辞退


TOP例文一覧

意味他人からの勧めなどを断ること。類語に「ご遠慮」「お断り」「見送らせていただく」などがあります。


  • 勝手ながら○○の儀は固くご辞退申し上げます。
  • 不本意ながら今回は見積もり段階でご辞退させていただきたく存じます。
  • 先日のご依頼の件ですが、いろいろ考えまして、今回はご辞退させていただきたく存じます
  • 誠に残念ながら貴意に添い得ず、このたびはお断りせざるを得ません
  • このたび御社よりお申し出いただいておりましたご依頼の件につきまして、今回は見送らせていただきたいと存じます。
  • まだ若輩者でございますゆえ、無事大任を務められるかどうか自信がありません。せっかくのお誘いですが、ご辞退申し上げたく存じます
  • 現在は新規収引のお申し込みをご遠慮させていただいております
  • なにか必要なものがございましたら、どうぞご遠慮なくお申しつけください
  • ご信頼に背くようで申し訳ございませんが、このたびのお話はご辞退させていただきます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.