文例・敬語の使い方・意味

ご健勝


TOP例文一覧

意味手紙・ビジネス文書の宛先が個人のときに使う。相手が病気をせずに健康に過ごしていることを祝福する慣用語。「ごけんしょう」と読む。頭語につづくあいさつ文でよく使う。類語に「ご壮健」「ご活躍」「ご健在」「お健やかに」などがある。


  • 貴殿におかれましては、ますますご健勝のご様子、祝福申し上げます。
  • 貴女におかれましては、ますますご健勝の段、何よりと存じます。
  • ご家族の皆様におかれましては、ひときわご健勝とお聞きし、慶賀の至りに存じます。
  • ご尊家の皆々様には一段とご健勝の趣、大賀に存じます。
  • いつもはいたってご壮健だと伺っておりましただけに、たいへん驚いております。心よりお見舞い申し上げます。
  • 晩秋の候、いよいよご壮健にお過しのこととお喜び申し上げます。
  • 春うらら、心地よい季節となりました。ご家族の皆様にはお健やかにお暮らしのことと存じます。
  • 年の瀬もおし迫って参りましたか、皆さまご健勝のご様子、何よりとお慶ひ申し上けます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



ご健勝

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.