文例・敬語の使い方・意味

ご教示ください


TOP例文一覧

意味分らないことを尋ねるときに使う敬語表現。「教示」を「ご~ください」の語形に当てはめた尊敬語です。和語の「お教えください」も同じ意味を持つ尊敬語ですが、漢語を用いたほうが改まった印象になるので、ビジネス文書でよく使われます。
「教えてください」では、相手によっては敬意不足になることがありますので、ビジネスシーンで使う場合は、「ご~ください」の語形に当てはめた敬語を使うようにしましょう。
その他ものを尋ねるときに使う敬語表現には、「お教えください」「ご教導ください」「ご指導ください」などもあります。
ビジネスシーンでの使用例は以下の通りです。


  • 差支えのない範囲でご教示いただければ幸いです。
  • ご相談にあがるかもしれませんが、その節はどうか、よろ
    しくご教示くださいますようお顋いいたします
  • 〜について、ぜひ貴殿よりご教示賜りたく存じます。
  • ご教示いただきました内容につきましては、厳に極秘扱いとし、貴社にご迷惑をおかけすることはございません。
  • 弊社と長年のお取引がある貴社に、忌憚のないご意見をご教示いただければ幸いに存じます。
  • 費用などについてお教え頂きたく存じます。
  • 倍旧のご教導を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
  • 井上先生のお教えを肝に銘じ、ご期待に添うよう努力してまいる所存です。
  • 差し障りのない範囲で結構ですので、ご教示を賜りますようお顧い申し上げます。
  • お教えいただきました内容につきましては、当然ながら極秘扱いいたしますゆえ、何とぞご教示を賜りたく、折り入ってお願い申しあげます。
  • 先般は、いろいろとご教示を賜り、誠にありがとうございました。
  • ぜひお目にかかり、ゆっくりとご教示をお受けいたしたいと、かねてから思っておりました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



ご教示

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.