文例・敬語の使い方・意味

ご入用


TOP例文一覧

意味「ごにゅうよう」と読む。「~が必要であれば用意します」と伝えるときに「必要であれば」にかえて使われる慣用表現。


  • 差し当たりご入用と思われる品をお送りいたしました。
  • またご入用の時は改めてお貸し申し上げます。
  • ご入用の品がありましたら、何なリと仰せください。私どもでできますことなら、ご用意させていただきたく存じます。
  • ○○の際は、ご入用の品などご遠慮なくお申しつけください。
  • 出来る範囲で、いつでもご用立ていたします。
  • 催促がましくて申し訳ありませんが、急に○○が入用になりました。ひとまずお返しくださいますようお願いいたします。
  • 何かとご不便のことと推察されますので、ご入用の品などあれば、何なりと仰せください。私どもでできますことなら、ご用意させていただきたく存じます。
  • ご入用の際には、またいつでもお申し出いただくことができます。
  • 今後もご入用の節は、ご遠慮なくお申し越しください。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.