文例・敬語の使い方・意味

ご理解のほどよろしくお願い申し上げます


TOP例文一覧

意味「理解する」の尊敬語。主に先方の依頼を断るときや協力を仰ぐシーンなどにおいて使われます。「ご了承」と組み合わせて使うこともあります。


  • 「○○○○」は現在品切れとなっておりまして、同品が出荷されるのは○月○日ごろとなる見込みでございます。ご要望に添えずに恐縮ですが、なにとぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 当施設の今後の運営につきまして 皆様の一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
  • 私かこれまで長年にわたってこの仕事を続けることができたのは、よき上司と同僚に恵まれ、皆様にご理解とご指導をいただいたお陰でございます。
  • そのようなわけで、いましばらくのご猶予をいただきたいと存じます。なにとそご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 貴意に反することとなり誠に恐縮ですが、あしからずご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。
  • お役に立てず誠に申しわけありませんが、あしからずご理解のほどお願い申し上げます。
  • ○月○日は遠方に出張することとなっておりますので、まことに残念ながら今回は見送らせていただきたいと存じます。あしからずご了承のほどお願い申しあげます。
  • せっかくのお申し越しではございますが、当社では別紙に掲げた条件においてのみ、お取り引きをさせていただいておりますので、誠に残念ながら、ご辞退申し上げます。なにとぞご理解ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.