文例・敬語の使い方・意味

ご了承


TOP例文一覧

意味「聞き入れてもらう」または「認めてもらう」ときに使用する敬語。類語に「ご承知」「ご了解」「ご容赦」などがある。


  • 誠に勝手ながら来る1月1日から1月4日までを年末年始のお休みとさせていただきますので、何とぞご了承ください。
  • 12月30日から1月4日まで、年末年始休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけすることと存じますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます
  • 2週間のご猶予をいただけませんでしょうか。ご無理を申し上げますが、なにとぞ事情をおくみ取りいただきご了承くださいますようお願い申し上げます
  • 皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何とぞご承知くださいますようお願い申し上げます
  • 貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何とぞご了承いただきたくお願い申し上げます。
  • 11月5日までにお支払いなき場合は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご承知おきください。
  • 7月以降でしたら参加できますが、今月は貴意に添い兼ねますので、事情をご賢察のうえ、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます
  • 勝手ながら来る3月10日は、臨時休業とさせていただきます。ご迷惑かと存じますが、なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • なお、弊社の仕事始めは1月5日からとなります。なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。
  • 今回の貴兄のご要望には添いかねますこと、何とぞ悪しからずご了承ください。
  • 応募者多数のため貴意に添いかねることになりました。何とぞ、悪しからずご了承ください
  • の際は、遺憾ながら相応の手段をとらせていただきますので、ご了承ください
  • 折角ながら今回はお断わりさせていただきます。何とぞご了承のほどお願い申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.