文例・敬語の使い方・意味

ご隆昌


TOP例文一覧

意味「りゅうしょう」と読む。類語に「ご隆盛」「ご繁栄」「ご清栄」「ご盛業」などがある。


  • 貴社ますますご隆昌(りゅうしょう)の段、大慶至極に存じます。
  • 若葉の候、貴庁ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。
  • 貴会いよいよご隆昌の段、大慶に存じます。
     さて、このたびはお見債もりのご依頼をいただき、ありがとうございました。
  • 貴行いっそうご隆昌の段、慶賀の至りに存じます。毎々格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。
  • 御社ますますご隆昌の段、何よりと存じます。このたびは、弊社製品「○○」についてご照会をいただき、誠にありがとうございました。
  • 初春の候、貴店一段とご隆昌とお聞きし、祝福申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.