文例・敬語の使い方・意味

ご愁傷様です


TOP例文一覧

意味弔事の際に、悲しみや悲嘆をあらわすときのお悔やみの言葉。故人と無関係な話をしないこと、長話は避けるのがマナー。


  • このたびはご愁傷さまでございます。
  • 心からお悔やみ申し上げます。
  • ご冥福を心よりご念じ申し上げます。
  • このたびは突然のことで何と申し上げてよいのか・・・
  • 奥様をはじめご家族の皆様には、さぞかしご落胆、ご愁傷の御事と衷心よりお悔やみ申し上げます。どうぞお気を強くお持ちになり、ご自愛されますよう心よりお祈り申し上げます。
  • お嘆きのこと想像いたしますと、身につまされる思いです。
  • ご悲嘆お察し申し上げます。
  • ご遺族様はじめ社内ご一同様のお嘆きは,いかばかりかとお察し申しあげます。
  • 突然のことで、なんと申し上げていいのか・・・
  • 大兄をはじめご一家皆々様のご落胆のほどいかぽかりかとご推察申し上げます。心からお悔やみ申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



ご愁傷さまです

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.