文例・敬語の使い方・意味

ご容赦


TOP例文一覧

意味「大目に見てもらう」や「過ちを許してもらう」などの意味がある。類語に「ご寛恕(ごかんじょ)」や「お許しください」「ご勘弁」などがある。


  • 何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
  • 弊店の苦しい経営事情をお汲み取りいただき、なにとぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。
  • 事情ご賢察のうえ、あしからずご容赦くださいますようお願い申し上げます
  • 本状と行き違いにご発送いただきました節は、何とぞご容赦ください
  • 当日は混雑に取り紛れて、至らぬ点が多かったと存じますが、なにとぞご容赦くださいますようお願いいたします
  • 追伸 なお、本状と行き違いですでにお手配済みの節は、失礼のほどご容赦ください
  • 本状と行き違いの場合は、悪しからずご容赦願います。
  • 行き違いでご入金いただいた場合は、なにとぞご容赦ください。
  • 本人には厳重に注意いたしますので、なにとぞご容赦のほどお願い申し上げます
  • 突然お手紙をさし上げますご無礼お許しください。
  • 乱筆お許しください
  • 長々のご無沙汰、なにとぞお許しください。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.