文例・敬語の使い方・意味

拝読


TOP文例集一覧

意味相手の手紙や文章などを自分が拝むながら読むという謙譲表現。類語に「拝見」「読ませて」がある。


  • ○○を拝読いたしました。
  • 6月5日付貴信、謹んで拝読いたしました
  • さて、拝読しました御状によると、長谷川様にはこのたびご入社とのこと、誠におめでとうございます。
  • メール拝読いたしました
  • 7月20日付のお手紙,まさに拝読いたしましたところ,お買い上げの商品に破損箇所があったとのこと,誠に申し訳ございません。
  • 斎藤様、お手紙拝読いたしました
  • このたび先生のご著書「東大式記憶法」を拝読し、ぜひ当校の生徒にも学ばせたい内容であると考え、お願い申し上げる次第です
  • ご拝読有難うございました
  • お手紙拝見いたしました。
  • 去る5月20日付のお見積書を拝読いたしました。弊社で検討を重ねましたが、残念ながら貴意に添いかねることとなりました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



分厚い本

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.