文例・敬語の使い方・意味

拝啓と敬具の使い方


TOP文例集一覧

意味手紙の書き出しにつける頭語。「拝啓」は相手が目上の人であるかどうかを問わず誰に対しても使える一般的な頭語。「拝啓」からはじめたときは、「敬具」で結びます(結語)。急ぎのときは「急啓」、前文を省略するときは「前略」、返信の場合は「拝復」を使う。社内文書には頭語はつけない。
「頭語」は一字下げずに書く。頭語に続けて時候の挨拶を書くときは頭語のあとに一字開けて時候の挨拶を書く。結語は末文の行末に書く。行末に収まらないときは改行して書く。


  • 拝啓 初秋の候、貴社ますますご隆盛の段お喜び申し上げます。
     平素は何かとお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
           <主文省略>
     まずは書中をもってご挨拶かたがたお知らせいたします。
                               敬具                             
  • 拝啓 師走の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
     日ごろは格別のお引き立てをいただき、深く感謝申し上げます。
              <主文省略>
     略儀ながら、書中にてお願いまで。          敬具
  • 拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
             <省略>
     まずは、とりあえずお見舞いまで。            敬具

    以下は時候の挨拶の文例です。
  • 落葉の季節となりましたが、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます (11月)
  • 秋気ようやく肌にしむ季節と相成りました (10月)
  • 新春の候、貴社にはますますご盛業の由大慶に存じます (1月)
  • 梅の便りも聞かれる今日この頃ですが、いかがお過しでしょうか (2月)
  • 春色なごやかなる季節、いよいよご清栄の趣、お喜び 申し上げます (3月)
  • 春爛漫の季節となりましたが、いかがお過ごしでいらっしやいましょうか (4月)
  • 紫陽花の花が美しい季節となりました (6月)
  • 盛夏の候、貴店ますますご壮健のこととお喜び申し上げます (7月)
  • 暑さひとしお厳しい毎日、いかがお過ごしでしょうか (8月)
  • 時下ますますご盛業のこととお喜び申し上げます (「時下」は季節に関係なく使用できます。)
  • 拝啓 貴台におかれましては、ますます清祥のこととお喜び申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



拝啓と敬具

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.