文例・敬語の使い方・意味

拝見する


TOP敬語一覧文例集一覧

意味「拝見する」は、「見る」の専用の謙譲語です。接頭語の「拝」は自分の動作をへりくだる意味があるので、「ご」や「お」を付加しなくても謙譲語となります。接頭語に「拝」がつく謙譲語には、ほかに「拝啓」や「拝借」「拝読」などがあります。そのほか「見る」の謙譲語には、「見せていただく」がありますが、ビジネス文書では、専用の謙譲語を使うのが一般的です。
「見る」の尊敬語は「ご覧になる」「ご高覧くださる」「見られる」などです。したがって「拝見してください」のように相手の動作に対して使うと誤用になるので注意が必要です。


  • 貴社の求人広告を拝見し、応募を決心した次第です。
  • 御社のホームページを拝見させていただきました。
  • 当社製品カタログをお送りいたしましたので、ご覧の上、ご用命を賜りますようお願い申し上げます
  • ご丁重なお手紙拝見させていただきました
  • ご婚約のご通知、ただ今拝見しました。誠におめでとうございます
  • 貴サイトを拝見して、メールをお送りいたしました。
  • とてもお元気なお姿を拝見いたしておりましたのに、突然の悲報に接し、ただ呆然といたしております
  • テレビの経済番組などで、先生のご活躍を拝見いたしております
  • メールをご覧になった後、お返事いただけると幸いです
  • 本日の朝刊の○○賞受賞欄に高橋先生のご尊名を拝見いたしました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



拝見の使い方を解説するイラスト

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.