文例・敬語の使い方・意味

拝見させていただきます


TOP例文一覧

意味拝見の「拝」は謙譲の意味を表す接頭語で「見る」の謙譲語にあたります。「拝見させていただく」という表現は丁寧すぎる印象もありますが、慣用的な表現として比較的よく使われます。他の言い回しには、「拝見いたします」「見せていただく」などがあります。
ちなみに二重敬語とは、「おっしゃられる」のように一つの単語を二重に敬語化することです。「拝見させていただきます」は、「見る」と「させてもらう」の2つの語をそれぞれ敬語にしてつなげたもので、二重敬語ではありません。


  • いずれ機会を得て、お祝いかたがた新居を拝見させていただきたいと存じます。
  • 近いうちに参上し、ご新居を拝見させて頂きたいと思っております。
  • ご退院のお知らせ、嬉しく拝見いたしました。
  • 日をあらためまして、ご新邸を拝見させていただきます。
  • 〜の都度、拝見させていただいておりました。
  • 貴サイトを拝見して、メールを送らせていただきました。
  • 破損品の添付写真を拝見いたしました。結論から申しますと破損の原因は○○による可能性が高いと考えられます。
  • いい試合を見せていただき、久しぶりに楽しい時間を送ることができました。
  • OOに件で伺いますので。△△を見せていただけますなら幸甚でございます。
  • 拝見してもよろしいでしょうか。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.