文例・敬語の使い方・意味

いない/おりません


TOP例文一覧

意味「いない」の謙譲語:「席を外しておりまして」「外出しておりまして」「留守にしておりまして」など。「おりません」とは書かない。
「いない」の尊敬語:「ご不在」


  • まだ健康診断を受けていない方に対して、特別の事情がない限り受診するようお勧め願います。
  • 申し訳ございませんが、担当者はただいま席を外しております。
  • 大変申し訳ありません。あいにく○○は、外出しております。
  • 大変申し訳ありません。○○は只今取り込んでおりまして、
  • 来週は不在がちになりますので、お急ぎの場合は○○までご連絡ください。
  • 不在中の連絡先は次のとおりです。
  • あいにく○○は只今、留守にしておりまして、
  • はるばるお越しいただきましたのに留守をいたしておりまして、申し訳ございませんでした。
  • 不在をお詑び申し上げます。
  • 先日の集中豪雨で貴店にも被害が及んでいないかと心配しておりまず。詳細を知りたく、安否のほどお尋ね申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



いない

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.