文例・敬語の使い方・意味

一段と


TOP例文一覧

意味以前より程度を増やすことをあらわす慣用語。前文の挨拶などでよく使う。類語に「ひときわ」「いっそう」「ますます」などがある。


  • 時節柄ご健康には一段とご留意のほどお願い申し上げます
  • 歳末商戦も一段と過熱気味の今日この頃、ご多忙の日々であろうとご推察いたします
  • 猛暑の折から、ご健康には一段とご留意のほどを。
  • 貴所、一段とご清栄の段、大賀に存じます。
  • ご家族の皆様におかれましては、一段とご清祥の御事と、拝察いたします。
  • ご尊家の皆々様には一段とご健勝の趣、大賀に存じます。
  • 社員一同一段とサービスの向上に努め、よりいっそう皆様にご満足いただけますよう心がける覚悟でございます。
  • 歳末商戦も一段と加熱気味の昨今、ますます御清栄の趣、お喜び申し上げます。
  • 時節柄ご健康には一段とご留意のほどをお祈り申し上げます。
  • 寒さも一段と厳しくなりましたが、皆々まにはお変りもなくお過ごしのことと存じます。
  • 貴社、一段とご盛業のことと、祝福申し上げます。
  • 初春の候、貴店一段とご隆昌とお聞きし、祝福申し上げます。
  • 一段と奮励し、大成なさることをお祈りいたします。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.