文例・敬語の使い方・意味

陰ながら


TOP例文一覧

意味「その人の知られないところで」という意味。類語に「ひそかに」「人知れず」「内々」などがある。


  • 陰ながら案じておりました。
  • 陰ながらご活躍を析っております
  • 陰ながらお役に立ちたぐ存じておりますので、今後ともご愛顧のほど、よろしぐお願い申し上げます。
  • 陰ながら応援しています。
  • 寒さに弱かったご母堂様のこと、陰ながら案じております
  • 今日の日の訪れることを、内心ひそかに願っておりました
  • ひそかに対策を講じていました。
  • 内々先方のご意向を問い合わせておりましたところ、このたび、ご内諾をいただきました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.