文例・敬語の使い方・意味

重ねて


TOP例文一覧

意味強調の意をあらわす慣用語句。類語に「心から」「幾重にも」「くれぐれも」「重ね重ね」などがある。


  • いろいろお心づかいいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます
  • 今後このようなことがないようご忠告申しあげますとともに、善処のほど重ねてお願い申し上げます。
  • 今後ともいっそうのこ高配を賜りたく、重ねてお願い申し上げます。
  • かような理由でございますので、なにとぞご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
  • 〜の運びとなりましたのも、ひとえに皆様のご支援ご協力の賜物と、重ねてお礼申しあげます。
  • このたびは弊社社員が大変ご迷惑をおかけしたとのこと、誠に申し訳ございません。弊杜の監督不行き届きを重ねてお詫び申しあげます。
  • なにとぞ旧に倍するお引き立てを賜わりますよう重ねてお願い申し上げます。
  • 速やかにお明け渡しくださいますよう、重ねてご通告申し上げます。
  • 〜の件、決してご迷惑はかけませんので、ぜひともご承諾くだされたく、重ねてお願い申し上げます。
  • 気候不順の折から、くれぐれもお体を大切にしてください。
  • とりあえずお手紙にて、幾重にもお詫び中しLげます。
  • 幾重にも非礼をお詫び申し上げます。
  • ご返事のほど、心からお待ちしております。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.