文例・敬語の使い方・意味

肝に銘じて


TOP例文一覧

意味決して忘れることなく心に深く刻みつけておくことを表現するときの慣用句。類語に「心掛ける」や「心にとめる」などがある。


  • 何分ふつつか者なれば、皆様のお教えを肝に銘じ、精一杯努力する所存にございます。
  • 井上先生のお教えを肝に銘じ、ご期待に添うよう努力してまいる所存です。
  • 皆様から暘りました励ましお言葉を肝に銘じ、今後の仕事の支えとさせていただきます。
  • これまでのご恩を肝に銘じ、ご厚情にそむかぬよう、ますます努力いたす所存です。
  • 普段の心掛けを改めなければと肝に銘じております。
  • 安全運転を心掛け、お取引先にご迷惑をかけしないよう注意いたします。
  • よろしくお心掛けのほどお願い申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.