文例・敬語の使い方・意味

心より/心から


TOP例文一覧

意味嘘偽りない気持ちを強調するときに使われる慣用語句。「心より」と「心から」はどちらも正しく、いずれももビジネス文書や手紙でよく使われている。


  • 皆様方の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
  • 心よりお待ちいたしております。
  • 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。
  • 一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。
  • 佐藤様のご指摘通りカメラに不具合が発見されました ご迷惑をおかけして誠に申し訳なく心よりお詫びいたします
  • 小生が入院の節には、篠原様には大変ご迷惑をおかけしましたことを衷心よりお詫び申し上げます
  • 大兄をはじめご一家皆々様のご落胆のほどいかぽかりかとご推察申し上げます。心からお悔やみ申し上げます。
  • 社員一同、心からご冥福をお祈り申しあげます。
  • このたびはご迷惑な頼みごとを心よくお引き受けくださいまして、誠にありがたく心より感謝申し上げます。
  • 弊社との取引に関し会社にご迷惑をおかけしたことは、誠に申し訳なく心よりお詫び申し上げます。
  • 先日はご多忙中にもかかおりませず、わざわざ当店までお運びいただきまして、心より感謝申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.