文例・敬語の使い方・意味

光栄です


TOP例文一覧

意味名誉なことであると感じていることを「光栄(名詞または形容動詞)」といいます。


  • わざわざ弊社までお運びいただき、大変恐縮です。
  • 先日の新製品発表会の折には、すばらしい賞をいただき、身に余る光栄にございます。
  • 過分のお褒めをいただきまして、身にあまる光栄と存じます
  • ○○の折は、過分なお褒めにあずかり、恐縮至極に存じます
  • 小生の厚かましい希望を快くお引き受けくださったご厚情、身にあまる光栄と深く感謝いたしております
  • このたびは創立○周年記念パーティーにお招きにあずかり、光栄に存じます。
  • かたちばかりのお歳暮を木下様のお宅へ送らせていただきました。お召し上がりいただければ幸いです。
  • ご入り用の物がございましたら、ご遠慮なくなお申し付けしつけください。お役に立てれば幸いです。
  • お会いできて光栄です。
  • 〇月○日付け貴信にての新規取引のお申し入れ、誠に光栄に存じます。謹んでお受けしたいと存じますのでお知らせ申し上げます。
  • お陰様をもちまして当店の売上も順調に伸びております。これもひとえに皆様方の温かいご支援ご協力の賜と深く感謝申し上げます。
  • お陰様をもちまして当店の売れ行きも好調で、これもひとえにお得意様各位のごひいきのの賜と深く感謝申し上げます。
  • 新規取引のお申し入れ、誠に有り難く厚くお礼申し上げます。
  • 粗品ではございますが、本日、お祝いの品を別便でお送りしました。お荷物のなかにお加えいただけましたらうれしく存じます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.