文例・敬語の使い方・意味

「見させていただく」は誤用?


TOP敬語一覧例文一覧

意味見るの尊敬語:「ご覧ください」「ご高覧ください」「ご笑覧ください」
見るの謙譲語:「拝見する」「見せていただく」 
※使役動詞の「見せる」に「ていただく」をつなげるときは、「見せていただく」となります。動詞の「見る」に「ていただく」をつなげるときは、「見る」の未然形「見させる」に「ていただく」をつなげて「見させていただく」となります。文法上はどちらも正しい書き方です。
「拝見する」のように専用の謙譲語があるときは、こちらを使うほうがスマートです。


  • さっそく梱包を解き検めさせていただいたところ、
  • お立ち寄りの折には、○△もご笑覧いただけると幸いに存じます。
  • ぜひ△□もご笑覧下さいませ。
  • 当社製品カタログをお送りいたしましたので、ご覧の上、ご用命を賜りますようお願い申し上げます
  • 貴サイトを拝見して、メールをお送りいたしました。
  • メールをご覧になった後、お返事いただけると幸いです
  • 「星空を見る会」のメンバーは皆気さくで、貴君にもすぐにとけこんでいただけると思います
  • 〜の詳細は、添付書類をご覧ください。
  • 貴社の求人広告を拝見し、ぜひとも入社させていただと存じ、履歴書一式をお送り申し上げます。
  • さっそく興味深く拝見させていただいていおります。
  • 〜を郵送しましたので、ご高覧いただければ幸いです。
  • いい試合を見せていただき、久しぶりに楽しい日々を送ることができました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



見る

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.