文例・敬語の使い方・意味

何よりです


TOP例文一覧

意味このうえなく良かったまたは嬉しい気持ちを表す慣用語句。


  • 叔父様におかれましてはお健やかにお過しの由、何よりとお喜び申し上げます
  • ○○様におかれましては、ご健在のご様子、何よりと存じます。
  • お元気でお暮らしの由、何よりと存じます。
  • 皆様にはお変わりなくお過ごしのご様子、何よりのことと存じます。
  • 年の瀬もおし迫って参りましたか、皆さまご健勝のご様子、何よりとお慶ひ申し上けます。
  • お子様もお元気そうで、何よりですね。(親しい友人などに手紙を送るケース)
  • 交通事故にあわれてご入院なされたと承り、突然のことで驚きましたが、手術も無事におすみになり、その後のご経過もすこぷる順調とのこと、何よりと存じ上げます。
  • なによりもまずご返事の遅延を陳謝いたします。
  • 先日は亡妻○○の周忌法要にご参列いただきまして 誠にありがとうございました 故人にとって何よりの供養になったものと存じます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.