文例・敬語の使い方・意味

の節は


TOP文例集一覧

意味「の時には」「の折は」「の際には」と書くこともできます。


  • お手すきの折にでも、ご覧いただければと存じます。
  • その節は、大変お世話になりました。
  • その節は、○○の件でお世話になり、誠にありがとうございました。
  • お急ぎの節は、ぜひともご利用ください。
  • 〜の折は、お知らせいただきたく、お待ち申しております。
  • 技術課の田所が参上の節は、何とぞご引見のうえ、ご高配を賜りますようお願い申しあげます
  • 貴地出張の節は、一方ならぬご高配にあずかり誠にありがとうございます
  • 本状と行き違いにご発送いただきました節は、何とぞご容赦ください
  • ご相談にあがるかもしれませんが、その節はどうか、よろ
    しくご教示くださいますようお顋いいたします
  • こちら方面にお越しの節は、ぜひともお立寄りください。
  • このたびの人院の折は、なにかとご心配をいただきました上に、結構なお見舞いまで頂戴し、誠にありがとうごございました
  • 来月下旬ごろ発表会を開催する予定ですので、その節はご高覧いただきますようお願いいたします
  • いずれ近日中にお礼に伺いたいと存じますので、その節はなにとぞご高配賜りますようお願い申し上げます
  • 追伸 なお、本状と行き違いですでにお手配済みの節は、失礼のほどご容赦ください
  • 近々、お電話さし上げましたうえ、お目にかかりたく存じておりますので、その節は何とぞご教導賜りますようお願い申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.