文例・敬語の使い方・意味

お体お大事に


TOP例文一覧

意味「お大事に」には「用心して慎重に」という意味がある。ビジネス文書ではお見舞いのフレーズとしてよく使われる。類語に「お体を大切に」「ご自愛ください」などがある。


  • くれぐれもお体にご留意くださいませ。
  • 寒さいよいよ厳しい折柄、お体には十分ご留意下さいますようお祈り申し上げます
  • 時節柄、お体をご自愛ください。これからもますますお元気で
  • 気候不順の折から、お風邪など召さぬようくれぐれもご自愛ください
  • 歳末ご多忙の折から、どうぞ皆様お体をお大切に。
  • 時節柄寒さ厳しい折、どうぞお体にお気をつけてくださいませ
  • どうぞ、お大事になさってください。
  • 時節がら、ご多忙と存じますが、くれぐれもお大事にお過ごしください。
  • 年末ご多忙の折、どうぞお大事にお過ごしください。
  • 余寒厳しき折、どうぞお体お大事にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。
  • 年末ご多忙の毎日、どうぞお体お大事にお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



お大事にと声をかける人

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.