文例・敬語の使い方・意味

お元気


TOP例文一覧

意味相手の健康を気遣うときなどに使う敬語阜サ。類似の慣用語には、「ご健勝」「ご自愛」「ご健康」「ご多幸」などがあります。


  • 天候不順の折、ご自愛のほどお祈り申し上げます。
  • ご一家様にはまずますお元気でお過ごしのことと、お喜び申し上げます。
  • あちらこちらから花の便りも聞こえてくるころ、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
  • ご健康に留意され、ご活躍くださいますようお祈り申し上げます
  • とてもお元気なお姿を拝見いたしておりましたのに、突然の悲報に接し、ただ呆然といたしております
  • これからもお元気で、末永くお幸せにお過ごしください
  • しごらくご無沙汰いたしておりますが、森田様はお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
  • 寒い日が続いていますが、お元気でいらっしゃいますか
  • 虫のすだきにも秋の気配が感じられる今日この頃、中島様にはお元気でお過しのこととお喜び申し上げます
  • 時節柄、お体をご自愛ください。これからもますますお元気で
  • すっかり秋の色が濃くなって参りました。お元気にてお仕事にお励みのことと存じます
  • 早川先生、お元気ですか
  • この機会に、ゆっくりご養生なさり、一日も早くお元気な姿をお見せください
  • 母子ともにお元気とのこと安心いたしました
  • どうぞいつまでもお元気でいてください
  • 各地から桜の便りが聞かれる季節となりましたが、皆さまにお元気でお過ごしのことと存じ上げます




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.