文例・敬語の使い方・意味

お話しください


TOP敬語一覧例文一覧

意味「お話しくださる」の命令形。「くださる」は「与える」の尊敬語で、「お話しになる」とするよりも敬意が高くなります。
「お話しいただく」とすれば、自分が相手に動作をしてもらう形の謙譲語になり、へりくだった表現になります。
ビジネスでは以下のように使います。


  • 社長がお話になりました。
  • 内容を正確に確認させていただきたいので、お手数ですがご用件をもう一度、お話いただけませんでしょうか。
  • 叔父様から圭太君に○○するようお話し願えますと助かります。
  • まことに厚かましいお願いとは存じますが、○○についてのお話を聞かせていただきたく存じます。
  • 会社訪問をしたいと考えておりますので、先生から採用担当の方にお話しいただけませんでしょうか。
  • 先般お伺いいたしました節は,ご多忙中にもかかわらず、大変貴重なお話をお聞かせいただき誠にありがたく、厚くお礼申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.