文例・敬語の使い方・意味

お引き受けいただき/いたします/いたしかねます


TOP例文一覧

意味仕事の受注をうけるときなど、責任のある役割を担うときに使われるフレーズ。


  • 〜の件、喜んでお引き受けいたします。○○様のお役にたてれば幸いです。
  • 小生の厚かましい希望を快くお引き受けくださったご厚情、身にあまる光栄と深く感謝いたしております
  • 先日はお忙しいところ、ご迷惑な頼みごとを心よくお引き受けいただき、本当にありがとうございました。
  • 貴下に○○の件お引き受けいただけないものかと存じ、失礼ながらお願い申し上げる次第です。
  • お引き受けくださると、たいへん助かるのですが。
  • 平素よりご交誼を賜っております貴社のことでございますので、なんとしてもお引き受けしたいのですが、当日はすでに先約が入っておりまして・・・
  • このたびは「ビジネスマナー講座」の講師をお引き受けいただき、誠にありがとうございました。
  • そのような大役をお引き受けするのは、小生てはまた荷か重すぎます。
  • このたびはご迷惑な頼みごとを心よくお引き受けくださいまして、誠にありがたく心より感謝申し上げます。
  • 新規取引のお話は、弊社としても誠にありかたいお申し出であり、喜んでお引き受けいたします。
  • 妻とも相談の上、お引き受けさせていただきます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.