文例・敬語の使い方・意味

お祈り申し上げます


TOP例文一覧

意味「お(ご)~申し上げる」の形におさまる添加形式の謙譲語で、健康や幸せ、活躍、発展をお祈りしていることと相手に伝えるための慣用表現です。
ビジネスでは、次のように使用します。


  • 末筆ながら、○○様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。
  • 寒さいよいよ厳しい折柄、お体には十分ご留意下さいますようお祈り申し上げます
  • 突然の訃報に接し、哀惜の念に堪えません。奥様のおなげき、いかぽかりかと、お察し申しあげますとともに、謹んで、ご冥福をお祈り申しあげます
  • 治療費等につきましては、保険会社と話し合いながら誠心誠意尽くす所存でございます。一刻も早いご回復をお祈り申し上げます。
  • 転居にともない、なにかとお忙しいことと存じますが、お体に気をつけて、いっそうのご活躍をお祈り申し上げます。
  • 遅ればせながら、謹んで専務ご令室のご冥福をお祈り申し上げます。
  • これを機に今後なお一層のご発展をご祈念申しあげます。
  • 末筆ながら貴社のますますのご発展をご祈念いたしますとともに、今後ともよろしくお引き立てのほどお願い申しあげます。
  • 年度初めのご繁忙の折、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。
  • ご療養に専念され、なおいっそうのご長寿を祈念いたします。
  • 社長をはじめ社員の皆さまのご健康と、御社のますますのご発展を祈願いたしまして、私の挨拶といたします。
  • 悔いのない学生生活を送っていただきたいと願っています。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.