文例・敬語の使い方・意味

気にしないでください(お気遣いなく)


TOP例文一覧

意味「気にしないでください」を表す慣用表現。「おきづかいなく」と読む。「気になさらないでください」と書くこともできる。類語に「お心づかい」「ご配慮」「気配り」などがある。


  • どうぞお気遣いなく
  • 突然におうかがいいたしましたのに、いろいろご配慮をいただき恐縮至極に存じます。
  • どうぞお気づかいのないように、と井上課長にお伝えください。
  • 勝手なお願いを申しあげましたところ、さっそくお心づかいくださいまして、まことにありがとうございました。
  • 昨日は私のためにいろいろとお気遣いくださいまして、まことにありがとうございました。
  • せっかくのお心づかい、ありがたく頂戴いたします。
  • 格別のお計らいをいただきましたお蔭で、挙式もとどこおりなくすみ、その上、皆さまの心からなるご祝福をいただきまして、深く感謝いたしております。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



気にしないでください

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.