文例・敬語の使い方・意味

お気軽に~ください


TOP例文一覧

意味「楽な気持ちで」という意味。言い出しにくいことや初歩的なことなどどんな些細なことでも楽な気持で相談してほしいときに使う慣用表現。相手の警戒心をほぐす目的もある。別の言い回しに、「ご遠慮なく」「気兼ねなく」などがある。


  • いたらぬ点もあるかと思いますが、ご用向きなどありましたら幹事のほうに遠慮なくお申し出ください
  • 私どもでなにかお役に立つことでもございましたら、ご遠慮なくお申し出ください。
  • どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、お気軽にご来店ください。
  • ○月○日に個展を開催いたしますので、どうぞお気軽におこしください。
  • ご不明な点がございましたら、下記担当までお気軽にお問い合わせください。
  • 〜までお出かけの節はぜひともお気軽にお立ち寄りください。
  • 平服でお気軽においでください。
  • 当社も徴力ながら、できる限りのご支援をさせていただきたく存じますので、どうぞお気軽にお申し付けください。
  • 平服でお気軽においでください。
  • お仕事でお忙しいでしょうが、拙宅へも気がねなく顔をお出しください。
  • 不躾なお願いをお気軽にお聞き届けくださいまして、誠にありがとうございました。
  • ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、電話またはメールにて、どうぞお気軽にご一報ください。
  • 当社製品に関してご質問などございましたら、お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。
  • ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、どうぞお気軽にご相談ください。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.