文例・敬語の使い方・意味

お気をつけて


TOP例文一覧

意味お見舞い状や季節の挨拶状などでよく使われる。相手の健康などを気遣うひとこと。類語に、「ご注意ください」「ご自愛ください」などがある。


  • くれぐれもお体にご留意ください
  • 時節柄寒さ厳しい折、どうぞお体にお気をつけてくださいませ
  • くれぐれもご無理をなさらぬように、お体を大切にお過ごしください。
  • 季節の変わり目ですので、十分お気をつけてくださいますよう。
  • 時節柄、日に日に寒さが加わって参りますので、くれぐれもご身体にお気をつけください。
  • 時節柄、お体をご自愛ください。
  • ご健康にはくれぐれもお気をつけください。
  • 今後このような事態がないよう、ご注意申し上げます。
  • くれぐれもお体にご注意くださるよう。
  • 炎暑の折から、ご自愛のほどお祈りいたします。
  • お気をつけてお越しください。お待ちしております。
  • 気候不順の折から、くれぐれもお体を大切にしてください。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



お気をつけください

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.