文例・敬語の使い方・意味

お心づかい


TOP文例集一覧

意味相手のために気をつかうこと。類義語には、「お気遣い」「ご配慮」などがあります。


  • この度は、お心づくしの品を頂戴しまして、誠にありがとうございます。
  • いろいろとご心配をいただき、誠にありがとうございました。
  • いろいろお心づかいいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます
  • お心づかいはなにとぞご無用に願い上げます
  • どうぞお気遣いなく
  • 遠路もいとわず弊社の粗宴にご参加いただいたうえさらには過分なお心遣いまで頂戴し、誠にありかたく深く感謝申し上げます。
  • 松本様の温かいお心づかいにより、二人は無事新たな人生の第一歩を踏み出すことができました
  • 息子の就職につきまして、一方ならぬご配慮を賜りまして、深く御礼申し上げます
  • お心づかいいただきました皆様に、心ばかりの御礼の意味をこめまして下記の通り小宴を催したくご案内申し上げます




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.