文例・敬語の使い方・意味

お見舞い(病気・災害・事故など)


TOP文例集一覧

意味相手が病気や災害・事故などに見舞われた時の文例集です。


  • まずは、書中をもってお見舞いまで。
  • まずは書中をもってお見舞い申し上げます。
  • 取り急ぎ、お見舞いまで。
  • その後の経過はいかがでございましょうか。
  • おけがのご様子はいかがでしょうか。
  • おからだの具合はいかがでしょうか。
  • 一日も早いご全快を、心からお祈り申し上げます。
  • その後のお加減はいかがでしょうか。
  • ご傷心察するにあまりありますが、
  • 私どもで何かできることがありましたら、何なりとお申しつけください。
  • 〜様が入院されたとの由、まったく存じませず大変失礼いたしました。
  • さっそく病院に参上いたす所存です。
  • 一日も早いご回復を、心よりお祈り申し上げます。
  • しばらくは養生専一にお過ごしください。
  • 差し出がましいと存じますが、お見舞いの品を送らせていただきました。
  • 昨晩のニュースで貴家が類焼に遭われたことを知り大変驚きました。心からお見舞い申し上げます。
  • まずは取り急ぎお見舞い申し上げます




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.