文例・敬語の使い方・意味

「お手配」と「ご手配」


TOP例文一覧

意味相手に対して敬意を表す名詞や形容詞、形容動詞には接頭語の「お」または「ご」をつける。和語には「お」をつけ、漢語には「ご」をつけるのが原則。「手配」は例外にあたり「お」「ご」のどちらもつけることができる。


  • 御社のご都合がよろしい日時に、1時間程度の工場見学をご手配いただけないでしょうか。
  • 追伸 なお、本状と行き違いですでにお手配済みの節は、失礼のほどご容赦ください
  • 10月5日までに当社に到着するように、ご手配くださいますようお願い申し上げます。
  • すぐにお手配くださり、ありがとうございました。今週末に開かれる○○にて使わせていただきます。
  • ○○株式会社 販売課長 ○○○○様
    株式会社△△ 購買部 鈴木一郎です。
    このたびは、早々に見積書をお送りくださりありがとうございました。
    つきましては、貴社○月○日付見積書No.2105に従いまして下記のとおり、ご注文申し上げます。
    よろしくご手配くださいますようお願いいたします。
    「記書き」以降には、品名や品番、数量、単価、合計金額、納期、納入場所、支払方法などを書く。
  • さて、先般注文いたしました○○が予想以上の売れ行きで在庫が残り少なくなってまいりました。
    つきましては○台追加注文いたしたく、至急お手配願います。
  • 当社の事情もお汲み取りの上、早急にご手配くださいますようお願い申し上げます。(督促文)
  • なお、行き遑いですでにお手配済みの節はご容赦ください。
  • 別紙注文書の通り、あと10台追加注文いたしますので、よろしくご手配くださいますようお願い申し上げます。
  • 破損品を着払いにてご返送いたしますので、代替品を大至急お送りくださいますようお願い申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.