文例・敬語の使い方・意味

お手隙(お手すき)の折に


TOP文例集一覧

意味「手が空いたら」や「手が空いたときにでも」といった意味を表す敬語表現です。「お忙しいととは存じますが」などのクッション言葉と組み合わせると、より相手に配慮した丁寧な文になります、漢字で「手透き」と書こともできます。
ビジネスシーンでの使用例は以下の通りです。


  • お手すきの際にでも、ご確認いただければと存じます。
  • お手すきの時で結構ですので、○○までご連絡をお願いします。
  • お手隙の時のでも、ご一読頂けると幸いに存じます。
  • お手すきの折にでも、ご覧いただければと存じます。
  • お暇がありましたら、一度遊びにいらしてください。
  • 誤送品につきましては、恐れ入りますが,お手すきの折りに着払いにてご返送くださるようお願い申し上げます。
  • お時間をいただけるようでしたら、○○の件でご相談させていただけませんでしょうか。
  • お手隙でしたら、明日の会議で使用する資料の作成をお願いします。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



お手すき

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.