文例・敬語の使い方・意味

お受けします


TOP例文一覧

意味動詞の「受ける」に接頭語の「お」をつけて敬語に変換したものです。語尾に丁寧語の「ます」をつけて、言葉を上品に見せています。
ビジネスでの使用例は以下の通りです。


  • 新規取引のお申し入れの件、誠にありがとうございました。謹んでお受けしたいと存じますのでお知らせ申し上げます。
  • ○○の件ですが、お受けすることにいたします。お役に立てれば幸いです。
  • 先日御社よりご贈品が到着いたしましたが、これをお受けするわけにはまいりません。お気持ちだけ有難くお受けいたします。
  • いかなる処分に対しましても謹んでお受けする所存でございます。
  • 申し訳ございませんが、このたびのお申し入れはお受けいたしかねます。
  • ぜひお目にかかり、ゆっくりとご教示をお受けいたしたいと、かねてから思っておりました。
  • お気持ちだけ有難くお受けいたします。
  • 妻とも相談の上、お引き受けさせていただきます。
  • 微力ながらお手伝いさせていただきます。
  • いつもお世話になっておりますから、お役に立たせていただきます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.