文例・敬語の使い方・意味

了解しました


TOP例文一覧

意味「了解する」には、「事情や内容を理解して、納得する」という意味があります。
ビジネスシーンでは、「了解しました」よりも以下の文例のように「承知しました」「お受けします」「かしこまりました」「承りました」などが使われます。


  • ○○様のお役にたてれば幸いです。
  • 〜の件、喜んでお引き受けいたします。○○様のお役にたてれば幸いです。
  • 弊社でお役に立つことがございましたら、なんなりとお申しつけください
  • ご依頼の件、承知いたしました。
  • お申し越しの件は承知いたしました。
  • このたびのご予約、確かに承りました。
  • かしこまりました。ただ今からお届けにまいります。
  • 承知いたしました。本日は、お忙しいところ誠に失礼をいたしました。
  • ○○の件ですが、お受けすることにいたします。お役に立てれば幸いです。
  • ご不明な点やご質問などは、いつでも承りますので、電話またはメールにて、どうぞお気軽にご一報ください。
  • 妻とも相談の上、お引き受けさせていただきます。
  • 微力ながらお手伝いさせていただきます。
  • いつもお世話になっておりますから、お役に立たせていただきます。
  • 〇月○日付け貴信にての新規取引のお申し入れ、誠に光栄に存じます。謹んでお受けしたいと存じますのでお知らせ申し上げます。
  • 及ばずながら、私にできることがございましたら、何なりとお申し付けください。
  • 一肌脱がせていただきます。
  • おまかせください。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.