文例・敬語の使い方・意味

大変(災難)でしたね


TOP例文一覧

意味突然の災害や事故などを受けた相手に対していち早く「お見舞い」の気持ちを伝えるときに使える文例集を以下に紹介します。


  • まことに不慮のご災難と申すほかなく、心からご同情申し上げます。
  • 降って湧いた災難、さぞお力落しのこととご同情申し上げます。
  • 突然のご災難で、慰めの言葉もございません、
  • まったくの災難としか申すほかなく、社員一同心からご同情申し上げます。
  • このたびの事故につきまして○○様のご心痛を拝察し、心からお見舞い申し上げます。
  • 不慮のご災難ご心労のほど深くお察し申し上げ上げます。
  • ○○様のご心痛を思い、ご同情に堪えません。
  • どうかお力落としなく。
  • 幸いご被害はなかったとお聞きし、安堵いたしました。
  • ご苦労もひとしおと拝察いたします。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



災難

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.