文例・敬語の使い方・意味

催促


TOP文例集一覧

意味「さいそく」と読む。早く行うようにうながすこと。
貸したお金の返済や貸した品物の返却、依頼したことの履行をお願いするときには、催促状を送ります。無理を言って物事の依頼をお願いしているときは相手の労に対して謝意を表す必要があります。


  • たび重なる催促にも応じていただけず、大変困惑いたしております。
  • つきましては、平成26年10月30日まで
    に、お貸しした金25万円をご返済いただきたくお願い申し上げます
  • 至急下記書類をお送りくださるよう、お願い申し上げます。 まずはご催促まで
  • 催促申し上げるのは心苦しいのですが、ご融資しました金20万円につきまして、すでにお約束の期限が切れておりますが、いかがなものでしょうか。
  • 得意先から催促を受け大変困っております
  • かねてご配慮をお願いいたしておりました○○の件、いかが相成りましたでししょうか。
  • 至急、お返しくださいますようお願いいたします
  • ○○は、4月26日までに総務課へ、お返しください
  • 先日お貸しいたしました小説「黒い巨塔」は、もうお読みになりましたか。もしお済みでしたら、ご返却願いたく存じます
  • 白川様に催促申し上げるのは心苦しいのですが




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.