文例・敬語の使い方・意味

差し上げる


TOP敬語一覧例文一覧

意味「与える」の謙譲語。目上の人に自分の物を「献呈する」または「進呈する」という意味で使います。自分の物ではないものを提供するときに使う「お届けする」や「お持ちする」と混同しやすいので注意しましょう。


  • 明日の○時○分頃にお届けに伺います。
  • ご用命の商品は、すぐにお届けいたします。
  • ご多忙の折、ご面倒をおかけして恐縮ですが、〜をお願いできないかとお手紙を差し上げた次第です。
  • 久しくご連絡も差し上げず、申し訳なく存じております。
  • 御社のことは以前から存じ上げており、これを機にぜひ弊社とお取引をお願いできないものかと、恐れながらご連絡を差し上げた次第です
  • さっそくご返事を差し上げるべきところ、つい雑事に取りまぎれて心ならずも遅くなり、申し訳ございませんでした。
  • 拝啓 仲秋の候、皆々様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます
     日ごろはご無沙汰いたしており、お詫び申し上げます.
     早速ですが、本日は、高校の同窓会の件でお便り差し上げました。
  • ○○の件で、再三ご連絡差し上げましたが要領を得ず、たいへん困惑しております。
  • 突然メールを差し上げる失礼をお許しください。
  • 村山様のご協力を得まして、どうにか川口様に連絡を差し上げることができました。
  • お茶とコーヒ、どちちをお持ちしましょうか?
  • お茶とコーヒ、どちらになさいますか?
  • 新築祝いのしるしばかりに、粗酒一献差し上げたく存じます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.