文例・敬語の使い方・意味

僭越ながら


TOP例文一覧

意味「せんえつながら」と読む。自らの行為を謙遜していうときに使用する。類語に「恐縮ですが」や「恐れ入りますが」がある。


  • お世話をいただき、誠に僭越ではございますが、このたびのお話はお断りしたいと存じます。
  • 僭越ながら、○○の代表として、ご挨拶申し上げます。
  • 僭越ながら私より新郎新婦のご紹介を申しあげます
  • ○○を代表いたしまして、僭越ながらひと言ごあいさつ申し上げます
  • 今後このような事故を二度と繰り返さぬよう、僭越ながらご忠告申し上げます
  • 遠路のところ甚だ恐縮ですが、ぜひご来臨の栄を賜りますようご案内申し上げます
  • 僭越ながらひとことお喜びを申しあげます
  • ぷしつけで恐縮ですが、本製品を持参してお伺いいたします
  • 誠に恐れ入りますが、ただいま医療機器CGT-2136は品切れとなっております。
  • 弊社の取引先であるギガソーラー株式会杜の竹田営業部長を、僭越ながらご紹介申しあげたく存じます




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.