文例・敬語の使い方・意味

末永く


TOP例文一覧

意味「末長く」と書くこともできます。「永」と「長」はどちらの漢字を使っても間違いではありません。その他類似の慣用語に、「引きつづき」「終生」「いっそう」「相変わらず」「倍旧の」などがあります。


  • 末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。
  • 今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。
  • 何とぞこれを機に、末長くお付き合いくださいますよう、よろしくお願い申し上げます
  • 今後とも末永くお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます
  • お心のこもったお品、末永く大切に使わせていただきます。
  • 末永くお幸せに、よりよいご家庭を築かれますようお祈り申し上げます
  • 今後とも、相変わらずのお引き立て、ご指導のほどをお願い申し上げます
  • 今後とも、末長くお取引くださいますようお願い申し上げます
  • 末永く御多幸のほど心よりお祈り申し上げます
  • これからもお元気で、末永くお幸せにお過ごしください
  • 引きつづき、ごひいきを賜りますようお願いいたします




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.