文例・敬語の使い方・意味

すみませんが


TOP例文一覧

意味「すみません」は済まないの丁寧語にあたる。日常会話でよく使うが、改まった文書や接客では使われない。類語に「申し訳ありませんが」「失礼ですが」「恐れ入りますが」「恐縮ですが」などがある。


  • すみませんが、またの機会にお声がけください。
  • 催促がましくてすみませんが、先月お貸した掃除機が急に入用になりまして
  • 恐れ入りますが、お電話くださいますようにご伝言願えますか?
  • 恐れ入りますが、もう一度お願いできますか?
  • 急なお願いで大変申し訳ありませんが、○○の本を○月○日にお借りできないでしょうか?
  • 失礼ですが、番号をお間違えではありませんか?
  • 失礼ですが、どちら様でしょうか?
  • 誠に申し訳ありませんが、このたびのご注文はお請けいたしかねます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



すみませんが

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.